ヨーグルト

ネットを検索すると、ヨーグルトを膣内に入れて、よくなったとの書き込みがあります。実際、ヨーグルトが膣内の乳酸菌環境の改善に全く効果がないというわけではありません。しかし、ヨーグルトを食べて、ある程度の効果を達成するためには、1日200グラム程度を2週間継続する必要があるとの研究が報告されています。これは女性にとっては、肥満リスクを伴う、かなりの量です。しかも、これで効果がえられなかったら、踏んだり蹴ったりです。なお、ヨーグルトの膣内投与は推奨されません。ヨーグルトには様々な糖が含まれており、それが細菌やカンジダ菌の栄養となるためです。

殺菌された乳酸菌製品は、膣内環境に効果はありません。
ビフィズス菌(ビオフェルミンなど)は、膣内フローラの構成細菌ではないため、膣内に挿入することはおすすめできません。なお、本来の目的である、腸内環境を整える目的では効果が期待出来ます。