膣カンジダ症

はじめに

私達の身体は、様々なバランスが保たれることで健康な状態が維持されており、このことは女性の膣にもあてはまります。

膣内には様々な乳酸菌や細菌、真菌が生息しており、通常、乳酸菌のおかげで悪玉菌等の数は抑制されています。

しかし、それらの微生物のバランスが崩れると、悪玉菌やカンジダ菌が優勢になり、痒み、おりもの異常、異臭、痛み等の各種の臨床症状が観察されるようになります。

細菌が優勢の場合には細菌性膣炎、カンジダ菌が優勢の場合には膣カンジダ症と診断されます。

抗生物質療法を受けることで、症状は一時的には消失します。

しかし、カンジダ症は再発しやすく、治療を繰り返さなければならないことが頻繁に見られることは、ネットでのお悩み相談を覗くだけでも伺い知れますね。

その結果、カンジダ症では再発と治療の繰り返しによってQOL (生活の質)が大きく低下します。

1. カンジダ症とは?

カンジダ症とは、Candida albicansという真菌が原因の感染症です。

この真菌は、大部分の人の腸管や膣内に生息しており、ストレス、免疫機能低下、高エストロゲンレベル、糖尿病の管理不良、あるいは糖分の高い食事をすることで、過度に増殖しやすくなります。

【症 状】
局所のかゆみや刺激感、ヒリヒリ感(特に性交時や排尿時)、発赤、腫脹、痛み、水様の分泌物、粘稠性の白色のおりもの(白チーズ様)、汚臭。
【診 断】
医療機関にて、内診を受け、膣からサンプルを採取して、検査機関で試験を実施します。
【治 療】
抗菌剤を使用します。通常は膣座薬が処方されます。ミコナゾール、クロトリマゾール、フルコナゾールが一般的に使用される薬剤です。

2. 膣カンジダ症の原因

膣のカンジダ症の原因の多くは、腸内のカンジダが原因であることが、遺伝子解析から判明しています(具体的には、腸内カンジダと膣内カンジダの遺伝子が同一)。

すなわち、腸内で増殖したカンジダが、デリケートゾーンを介して、膣内に移行し、そこで増殖します。

抗生物質では、腸管内のカンジダ菌を完全に除去することは出来ません。

そのため、腸内カンジダ菌が膣に再感染し、症状を引き起こします。

また、膣内にバイオフィルムが形成されていると、抗生物質はその部位に到達しにくく、バイオフィルム内に生息しているカンジダが再発の原因にもなります。

このことから、腸管内のカンジダを除去すること、膣カンジダ症の再発防止に役立と考えられます。

3. 再発対策

膣カンジダ症では、抗生剤による治療が重要です。

しかし、抗生剤で真菌を一時的に抑制することは出来ますが、完全に排除することは困難です。

また、善玉の乳酸菌も減少することがあり、再発しやすい状態となります。

以下では、「ペンタメソッド」という、新しく考案されたカンジダ症再発対策を紹介します。

ペンタメソッドは、5つの方法で構成されています。

  1. クレンジング
  2. 抗真菌サプリ
  3. 乳酸菌
  4. 食事療法
  5. 衣服の改善

図 ペンタメソッドの流れ

図 ペンタメソッドの流れ

  1. STEP 1:クレンジング(洗浄)

    【腸管クレンジング】

    これは、腸管内に存在するカンジダ菌や毒素を洗い流すことが目的です。
    クレンジング期間は数日間です。

    この期間の食事は、サラダや野菜を中心とします。
    でんぷんが大量に含まれているポテト、トウモロコシなどは避けて下さい。
    ファーストフードも避けるようにして下さい。

    また、この期間には、頻繁に飲水して、毒素や老廃物が排泄されるようにして下さい。

    コンビニで販売されている繊維系の栄養ドリンク、また、毒素を吸着する性質があるベントナイトクレイ系は、どちらも効果的です。

    これらのデトックスタイプのドリンクは、空腹時に飲み、前後1時間は食事を控えます。
    飲む回数は1日あたり2-3回です。

    【膣クレンジング】

    膣内にバイオフィルムが形成されている場合には、抗生物質が到達しにくく、再発の原因巣となります。?

    市販の使い切りの膣洗浄液を体温まで温めて、使用して下さい。

  2. STEP 2:抗真菌サプリメント

    次はSTEP 2です。

    サプリメントとして使用されているハーブの中には、優れた抗真菌効果を示すものがあります。

    各サプリメントの作用機序は異なるため、単独で使用するのではなく、複数の異なるサプリメントを使用することで相加 / 相乗効果が期待出来ます。

    また、耐性菌発生を抑制することにも結びつきます。
    大部分の抗真菌サプリメントは、真菌の細胞壁を破壊することで効果を発揮します。

    なお、一部の抗真菌サプリメントでは、その作用が強力なため、少量から使用を開始し徐々に増量します。

    最初から大量の抗真菌サプリメントを服用すると、一度に大量の真菌が死に、身体がそれに対応しきれずに有害反応が生じる場合があります。
    以下に代表的な抗真菌サプリメントを示します。

    カンジダデトックスには、これらのサプリメントがバランスよく含まれています。

    サプリメント 説明
    ブラックウォールナット

    本サプリメントの抗真菌作用は、医薬品並みであることが示されており、1990年代に、ブラックウォールナットの成分の一つであるジュグロンに、抗真菌作用があることが示されました。

    また、ブラックウォールナットに含まれるタンニンにも、寄生虫、酵母および真菌を死滅させる効果があります。

    これらの有効成分は殻に最も多く含まれており、その抽出物を服用します。

    クローブ

    クローブは香辛料の一種で、カンジダに加えて、様々な病気の治療で使用されています(消化不良、下痢、ヘルニア、白癬等)。

    クローブオイルによる殺酵母作用は迅速で、優れた抗菌活性が示されています。

    クローブオイルの大量摂取には副作用発現リスクがあるため、大量摂取は避けて下さい。

    パウダルコ

    アマゾンの熱帯雨林で発見さられたハーブで、二つの抗カンジダ作用を有します:(1)腸管内容物をゆるくすることでクレンジング効果の発揮、(2) ラパコール、キシロイドンおよび様々なナフトキノンといった成分によるカンジダ菌の成長阻害作用。

    本サプリは出血を促進する可能性があるため、抗血小板剤治療を受けている患者さんや手術を予定している患者さんには適しません。

    アロエ

    アロエは優れた健康効果を有する植物で、日常的に摂取すべき植物です。

    アミノ酸、酵素、ビタミン、ミネラルが豊富で、アロエ酵素の作用により善玉菌の成長が促進されます。

    また、便秘を予防することで、真菌の成長には不利な環境を作り、さらに、損傷を受けた腸管内壁の修復を促進します。

    アロエに対して蕁麻疹や発赤といった過敏症を有する場合、使用しないで下さい。

    カプリル酸

    カプリル酸はココナツオイルに多く含まれています。

    高濃度カプリル酸カプセルも販売されています。

    カプリル酸による強力な抗真菌作用は、新潟大学で実施された研究でも示されています。

    オレガノオイル

    オレガノオイルは抗真菌作用に加えて、抗寄生虫ならびに抗原虫作用も有することが示されています。

    オレガノオイルは、カプセルおよび液体製剤が販売されています。

    にんにく

    にんにくには、アホエンという成分が含まれており、強力な抗真菌作用があります。

    カンジダ菌を含めた実に98%以上の酵母に対して効果が示されています。

    にんにくは、生でも加工品でも効果が期待出来ます。

    グレープフルーツ抽出物

    グレープフルーツの種の抽出物に、抗真菌作用があることが示されています。

    少量を大量の水にて服用し、その後、必要に応じて服用を増加させます。

    なお、カンジダ菌はグレープフルーツ抽出物に耐性を獲得しやすいため、単独での使用は避けて下さい。

  3. STEP 3:乳酸菌

    広範囲抗生物質を使用した場合、悪玉細菌に加えて、善玉細菌も死んでしまうことがあります。

    その結果、競合関係にある善玉細菌がいなくると、カンジダ菌が再増殖しやすい環境になります。

    そのため、乳酸菌を摂取して、そのような空白状態をなくして、カンジダ菌が増殖しないようにします。

    大事な事柄として、効果を期待するためには生きた乳酸菌が腸に到達する必要があります。

    そのような製品であれば、ドリンク、ヨーグルト、あるいはカプセルのいずれでも大丈夫です。

  4. STEP 4:食事療法

    カンジダ菌が成長するためには糖が必要です。

    糖は細胞壁の栄養素として活用され、コロニー数が増加し、そしてカンジダは静的な酵母型から活発な真菌型に変化します。

    基本は低糖ダイエットです。
    GI値が高い食品は避けてください。

    食事療法の期間は数週間です。

    ※GI値:Glycemic Index [グリセミック指数]の略

    【避けたほうが良い食物】

    糖、はちみつ、シロップ、チョコレート、アルコール、グルテンを含む食事(カンジダ症の患者はグルテンに過敏症を示すことがあるため)、糖分の高いフルーツ、ポテト、マヨネーズ、ファーストフード等。

    なお、ここに示したものはあくまで目安であり絶対的なものではありません。

    食事療法により、ストレスになったり、栄養不良に陥って免疫機能が低下するならば逆効果になりますので、無理のない範囲で実施して下さい。

  5. STEP 5:衣服の改善

    カンジダ菌は湿った閉鎖された環境を好みます。
    そのため、通気性の良い清潔な下着を着用するように心がけてください。

    また、キツめのパンツよりもスカートが推奨されます。

    水泳や激しい運動後には、すぐに着替えをするようにして下さい。
    サウナに長時間滞在することも、悪影響があります。

関連記事

参考文献

  1. Ogbolu DO, Oni AA, Daini OA, Oloko AP. In vitro antimicrobial properties of coconut oil on Candida species in Ibadan, Nigeria. J Med Food. 2007 Jun;10(2):384-7.
  2. Carrero S1, Romero H, Apitz-Castro R. [In vitro inhibitory effect of ajoene on Candida isolates recovered from vaginal discharges.] Rev Iberoam Micol. 2009 Sep 30;26(3):189-93.
  3. G. Ionescu, R. Kiehl, F. Wichmann-Kunz, Ch. Williams, L. Ba S. Levine. Oral Citrus Seed Extract in Atopic Eczema: In Vitro and In Vivo Studies on Intestinal Microflor. Journal of Orthomolecular Medicine Vol. 5, No. 3, 155-157. 1990.
  4. Alice M. Clark, Tannis M. Jurgens andCharles D. Hufford. Antimicrobial activity of juglone. Phytotherapy Research Volume 4(1), 11-14. 1990.
  5. Eugenia Pinto, Luis Vale-Silva, Carlos Cavaleiro, Ligia Salgueiro. Antifungal activity of the clove essential oil from Syzygium aromaticum on Candida, Aspergillus and dermatophyte species. J. Med. Microbiol., November 2009 58: 1454-1462.
  6. Lidia Nunez1; Miguel D'Aquino1; Jorge Chirife. Antifungal properties of clove oil (EUGENIA CARYOPHYLATA) IN SUGAR SOLUTION. Braz. J. Microbiol. vol.32 no.2 Sao Paulo Apr./June 2001.
  7. Hidayat Hussain, Karsten Krohn, Viqar Uddin Ahmad, Ghulam Abbas Miana and Ivan Robert Greend. Lapachol: An overview. ARKIVOC 2007 (ii) 145-171

ページの先頭へ