ラクトフェリンは最近注目されているサプリで、初乳に含まれている成分の一つです。悪玉菌が増殖するには鉄を必要としますが、ラクトフェリンはその鉄を奪い取ることで、雑菌が増えないようにします。また、細菌の細胞膜を弱める作用も報告されています。そのため、ラクトフェリンは腸内フローラの改善に有効と考えられています。腸内環境が改善されると、悪玉菌の膣内への侵入が減少することが期待されます。このように、ラクトフェリンの効果は間接的なため、単独使用では膣内/子宮内乳酸菌を大幅に改善させる可能性は、あまり高くはありません。女性用乳酸菌と併用する必要があります。
なお、最近では、さらに進んだアポラクトフェリンという製品も販売されています。

安全性:ラクトフェリンは、アメリカ食品医薬品局よりGRAS(一般的に安全と認められる物質:Generally Regarded As Safe)と認定されており、安全性の高い物質です。ラクトフェリンは初乳成分で、授乳中も安全に使用出来ます。

使用方法:ラクトフェリンは内服タイプのみが販売されています。服用期間は、3ヶ月程度が目安です。内服タイプのラクトフェリンを膣内に直接投与することはオススメできません。胃酸からラクトフェリンを守るために、強いカプセルが使用されているため、カプセルが溶けにくく、カプセルのまま、膣外に出ることがあります。