他の病気など(歯科治療を含む)で、抗生物質を使用した場合、それがきっかけとなり細菌性膣炎になることがあります。これは、抗生物質が病原菌や悪玉菌と一緒に、膣内の乳酸菌も殺してしまうためです。それを避けるには、乳酸菌に影響を与えない抗生物質の処方を、先生にお願いする。あるいは、抗生物質の処方が予想される場合には、女性用乳酸菌を予防目的に使用することが、オススメです。