おりものの匂いや量、あるいは膣炎等の再発で困っている方は、大勢おられます。

このような女性特有の問題では、ひとりで悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

ここは、そのような女性特有の悩みの原因を解説し、乳酸菌を用いた対策を紹介する情報サイトです。

なお、症状がなかなか改善しない、あるいは悪化する場合には、自己判断せず、専門医を受診する必要があります。

乳酸菌と女性の健康

おりものが匂ったり、量が多いと、日常生活が大きな影響を受けます。

しかし、それだけでは、「個人の体質の問題…」という言葉で片付けられ、期待する治療を受けれないことがよくあります。

また、細菌性膣炎が再発し、治療を何回も受けなければならない女性も沢山います。

これらの問題の多くは、膣内に住み着いた悪玉菌が原因です。

悪玉菌が、不快な匂いのガスを産生したり、膣の細胞を刺激することで、おりものの量が増えますし、また、炎症、かゆみ、痛みの原因にもなります。

一方、腸内細菌と同様に、女性の膣内にも乳酸菌を中心とした膣内(細菌)フローラが形成されています。

この「膣内フローラ」を構成する細菌のバランスが崩れると、悪玉細菌が増え、上記のようなおりものの症状(細菌性膣症)が見られます。

あるいは、もう少し悪化すると、細菌性膣炎という病気になります。

そのため、この「膣内フローラ」を健康なバランスのとれた状態に戻することが、おりものの悩みの解消や膣の抵抗性を回復させる上で重要になります。

膣内フローラの中心は乳酸菌(デーデル桿菌とも呼ばれる)です。

上記のような症状に共通する事柄として、膣内の乳酸菌が完全に枯渇している、あるいは、とても少なくなっています。

そのような状態になると、乳酸菌が自然に回復する可能性は小さく、症状が長期間に渡って続きます。

その結果、体力の低下、ストレス、あるいは抗生物質の使用などにより、症状が再発してしまいます。

理想的な対策は、乳酸菌を増やして、自然な膣内フローラを回復させてあげることです。

このように乳酸菌は女性の健康維持で大きな役割が期待されますが、日本では腸内細菌用の栄養補助食品の用途以外では、ほとんど知られていません。

ここでは、「女性用乳酸菌」という女性の膣の健康に特化した製品情報を紹介します。

なお、海外では、空港のドラッグストアーでも「女性用乳酸菌」は販売されており、体調不良やストレスに備えて、予防目的で広く利用されています。

女性用乳酸菌の使用方法などに関して、メールでお問い合わせを受け付けています。

お気軽にご相談ください。

なお、本サイトで紹介している「ラクトフローラ」をはじめとする全ての製品は、安全性を重視した製品のみですので安心してご使用いただけます。

乳酸菌の使用方法などに関してご質問等がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

「ラクトフローラ」に関するご相談・ご質問は電話にても承っております。

週によって受付時間帯が変わりますので、詳しくは【ラクト・ショップ】の『ラクトフローラ電話相談・受付予定表』をご確認ください。

メディア掲載実績

ページの先頭へ